第40回 1989年 NHK紅白歌合戦 出演者・曲目一覧



■ NHK紅白歌合戦
出演者・曲目一覧

第67回
第66回
第65回
第64回
第63回
第62回
第61回
第60回
第59回
第58回
第57回
第56回
第55回
第54回
第53回
第52回
第51回
第50回
第49回
第48回
第47回
第46回
第45回
第44回
第43回
第42回
第41回
第40回
第39回
第38回
第37回
第36回
第35回
第34回
第33回
第32回
第31回
第30回
第29回
第28回
第27回
第26回
第25回
第24回
第23回
第22回
第21回
第20回
第19回
第18回
第17回
第16回
第15回
第14回
第13回
第12回
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回
トップページ


 

第40回 1990年 NHK紅白歌合戦 出演者・曲目一覧



総合司会=松平定知アナウンサー
紅 組 白 組
司会 紅組 三田佳子 司会 白組 武田鉄矢

織井 茂子 君の名は

雪村 いづみ 愛燦燦

松山 恵子 未練の波止場

ペギー葉山 南国土佐を後にして

ピンク・レディー ヒット・メドレー

松尾和子、和田弘とマヒナスターズ 誰よりも君を愛す

都 はるみ アンコ椿は恋の花

内藤 やす子 六本木ララバイ’90

工藤 静香 恋一夜

中山 美穂 Virgin Eyes

Wink 淋しい熱帯魚

荻野目 洋子 ユア・マイ・ライフ

加藤 登紀子 百万本のバラ

キム・ヨンジャ(韓国) 朝の国から

佐藤 しのぶ ロンドンデリーの歌

坂本 冬美 男の情話

大月 みやこ 女の舞

小比類巻 かほる いい子を抱いて眠りなよ

杏里 Groove・A・Go・Go

島田 歌穂 I AM CHANGING

ケー・ウンスク(韓国) 酔いどれて

由紀さおり 安田祥子 赤とんぼ

パティー・キム(韓国) 離別(イビョル)

八代 亜紀 下町夢しぐれ

小林 幸子 福寿草

和田 アキ子 だってしょうがないじゃない

石川 さゆり 風の盆恋歌

田端 義夫 かえり船

春日 八郎 お富さん

村田 英雄 王将

ザ・タイガース ヒット・メドレー

千 昌夫 北国の春

三波 春夫 東京五輪音頭

藤山 一郎 青い山脈

武田 鉄矢 声援

少年隊 まいったネ 今夜

男闘呼組 TIME ZONE

光GENJI 太陽がいっぱい

チェッカーズ Friend and Dream

伊藤 多喜雄 ソーラン節

アラン・タム(香港) 愛念(ゴイニム)

BAKUFU-SLUNP(爆風スランプ) 大きな玉ねぎの下で~はるかなる想い

堀内 孝雄 冗談じゃねえ

鳥羽 一郎 北の唄

沢田 研二 DOWN

聖飢魔Ⅱ 白い奇蹟

市村 正親 オペラ座の怪人より

細川 たかし 北国へ

チョー・ヨンピル(韓国)

五木 ひろし 暖簾

吉 幾三

森 進一 指輪

谷村 新司 陽はまた昇る

北島 三郎 夜汽車


視聴率

1部:38.5% / 2部:47.0%

視聴率ランキング・各階の視聴率はこちら

エピソード
●優勝は紅組
●平成初となる紅白歌合戦
●2部構成を採用し、第1部は、昭和史をたどる“思い出のメロディー”的構成、第2部では一年間のヒット曲の競演という構成となる
●様々な新しい試みが行われたものの功を奏さず、当時としては観測史上最低の視聴率を記録してしまうことに
この年にあった主なできごと

●昭和天皇陛下崩御、元号が「平成」に改まる
●ベルリンの壁が崩壊
●バブル経済が絶頂に達する
●東京・埼玉で幼女を誘拐し殺害した容疑で宮崎勤が逮捕される
●バンドブームが到来、多くのロックバンドがデビューする
●アニメ『ドラゴンボールZ』開始
●オウム真理教による坂本弁護士一家殺害事件発生
●手塚治虫、美空ひばり、松田優作、松下幸之助などが死去



(C) NHK紅白歌合戦 出演者・曲目一覧/PR:消費税8%の影響